RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
CARNIVAL

花粉症、去年より楽かも!Ariciaです。

 

 今回はCARNIVALの感想と考察です。不世出の天才、瀬戸口廉也氏がシナリオを務めており、また氏のデビュー作となります。ですが、やはり瀬戸口節はしっかり表れていましたね。SWAN SONGやキラ☆キラほど万人受けが良いとは思えない作品となっています。物語全体に迸る暴力、虐待、嘘・・・。クソッタレなこの世界で彼らは何を思うのか。

 相変わらず、瀬戸口氏は作品世界あるいは登場人物たちの世界を、徹底的に「クソッタレ」として描いています。だからこそ、人物たちの世界に対する考えや反駁が、対比となって美しく感じられる。それが氏の三部作に貫かれていると思います。まあ、他の2作品とは一味違っていて、このゲームは過去最大の鬱ゲーですけどね。

 テーマは「幸せ」とか、「生きるか死ぬか」とか。

 この作品の後日談を描いた続編、いわば完結編が小説として発売されたのですが、絶版のためどうしようもない高値でamazonで売ってます。転売屋には屈しません。

 

ストーリー

 高校生の木村学は、いじめにあっていた。人気のない場所に呼び出され、三沢という男の先輩からは、殴る蹴るの暴行。志村という女からは数々の暴言と侮辱。二人の攻撃は日常化していた。人間関係を面倒なものだとして、一切自分から人と関わりを持とうとしない学には、味方はいなかった。また、彼は必要としてもいなかった。そしていじめは彼の人生にとって珍しいものではなかった。

 そんな彼に関わろうとする人がいた。幼馴染の九条理紗である。彼女は才色兼備でさらに、陸上部で活躍している上、優しくて社交的。彼女は学校のアイドル的存在であり、学とは対極にいるような子であった。そんな彼女は学の様子の変化に気づき、何かあるんじゃないかと彼に尋ねる。三沢の暴力はバレにくい所ばかりに向けられていたため、一見すると気づかない。学は理紗を避けようとするも、彼女は独自に聞いて回り、三沢の存在にたどり着いた。

 ある日、学はいつものように三沢に呼び出され、屋上へ向かう。するとそこには、三沢と話をしている理紗がいた。彼女は、三沢が学に危害を加えていることを知っていたのだ。理沙は学にいじめのことを問う。学は黙りこくる。やがて理紗はヒートアップし、三沢に詰め寄る。苛立った三沢は、彼女に敵意を向ける――。

 学が気づくと、そこには血まみれで屋上のアスファルトに横たわる三沢と、下半身の下着をつけていない理紗の姿。彼女は気絶していた。学の服は血で汚れている。その血は自分のものではないのだった。

 学は警察に逮捕された。事情聴取が始まるが、彼は何も覚えていないのだ。実は彼には、ショッキングな出来事や嫌なことがあるとその前後の記憶を失くしてしまうことがよくあるのだった。話せることは何もない。取調べは滞り、彼は別の場所に護送されることになった。だが、その護送中にパトカーが交通事故を起こしてしまう。警察の隙をついて、学は脱走した。行く当てのない逃亡の中、学は理紗のハンカチを借りたまま持っていることに気づく。いじめで怪我をしたときに彼女が貸してくれたものだった。

 ハンカチを返さなきゃ。

 逮捕され、人生が終わるのも時間の問題だ。ならば、せめてハンカチを返そうと彼は町に戻ってくる。町は夏祭りの活気に色づいていた。数日前に、二人で一緒に夏祭りに行こうと理沙と約束したことを学は思い出す。彼女が来ることを願いつつ、茂みに隠れて様子を窺う学のところに理紗が現れる。学と会うために来たのだ。

 二人は夏祭りを少し味わう。そして、理紗は学を家に匿ってあげると言った。父親は海外出張で、母親と弟は実家に帰省中なのだという。衣食住が保証された今、学にするべきことは2つある。事件の真相の解明と、志村への復讐だ・・・。

 

感想

 とてつもない鬱ゲー。

 学と理紗は暗い過去を背負っているし、二人の人生には現在進行形で苦しみがあふれ出す。二人だけじゃない。志村の妹だってそうだ。きっと学の母親だって、皆だってそうなんだ。詳しくは本編を見てもらいたいですが、二人は「生きていれば幸せになれる」、「自分なりの幸せを探して行こう」などとは決して思っていません。もちろん嬉しいことはこの先あるだろう。だけどそれは結局刹那的なものであって、薄らいでいってしまう。幸せなんて掴めないし、幸せにもなれないんだ。学はそう思っているし、現実はどうやらそのとおりに推移しているのでした。なんとも救いがないですが、これが鬱ゲーたる所以です。

 作品には暴力が溢れている。殴る蹴るもそうだし、性的なものもたくさんある。女性の人権を踏みにじりまくりですわ。狂人としての学を描き出すためなのでしょう。そういったものが苦手な人はやめましょう。また、登場人物は皆頭がおかしいです。普通じゃないです。ある意味被害者とも言えるんですけど。キ○ガイだらけのゲームなんですが、言動は一見するとまともに見えてしまう。

 3章構成で、最終章が一番良いです。理沙の視点で物語が語られ、ヒロイン自身についてが明らかになっていきます。心理描写をごらんあれ。

 瀬戸口氏の3作品で一番とがってるし、評価が分かれそうな作品だと思います。他のSWAN SONGとキラ☆キラの2作品をやって、めっちゃハマったらこの作品をプレイしましょう。いきなりこれやるとびっくりしちゃうかも。

評価

★★★★☆

鬱度

★★★★★

最凶です。

 

以下ネタバレです。クリックで展開します。

 

author:Aricia, category:-, 20:44
comments(0), trackbacks(0), - -
キラ☆キラ

ゲンジとマーシーは95%はずれ。Ariciaです。

今回は「キラ☆キラ」です。知名度は十分あると思うのでもともとは書くつもりがなかったんですが、名作だったので書くことにしました。「やらないと人生損するゲーム」は、僕にとってはファイナルファンタジー10とシュタインズゲートの2つだったんですが、このゲームもそれに加わることになりました。こんなに素晴らしいゲームに出会ったのは本当に久しぶりです。ただひとつ残念なのは、このゲームがエロゲである必要がないということですね。
シナリオライターは瀬戸口廉也さんですが、同氏による「SWAN SONG」も絡めてのレビューとなります。ネタバレ注意です。
まだやってなくて、エロゲとノベルゲームに抵抗ない人は買いなさい。なんならお色気シーンはスキップすればよい。以上です。

ストーリー
高校3年の前島鹿之助は、心身の不調によってテニス部を退部。この高校では必ず部に所属するという校則があったので、彼は第二文芸部に転部した。それが普段どんな活動をしているか、どんな部員がいるか、そんなことはどうでもよい。当然のように彼は幽霊部員となった。代わりに彼は海外旅行を思いつき、居酒屋でのアルバイトに精を出していた。ある日、同じ学校の同学年の椎野きらりという女の子がバイトとして新しく入った。新人の教育係であった鹿之助は彼女に色々なことを教えていた。なんと、彼女も同じく第二文芸部であった。
彼女が要領を得始めたころに、居酒屋でもみ合いの喧嘩が発生する。一方はただの若い男だったが、もう一方は新鋭のインディーズバンド、「スタージェネレーション」のボーカルであった。鹿之助はそのバンドのことをまったく知らなかった。音楽自体にも興味はないのだ。喧嘩に仕方なく仲裁に入った鹿之助であったが、酔っ払いに突き飛ばされ頭を打ってしまう。目を覚まして帰宅途中、きらりと一緒にいると、スタジェネのギタリストのケンタが話しかけてきた。彼も鹿之助やきらりと同じ学校の3年であった。彼は先ほどの騒ぎについて謝り、そしてかれらのライブのチケットをお詫びにくれたのだった。
後日きらりとライブハウスを訪れる。始めて来るその場所の雰囲気に緊張しながら、スタジェネの登場を待つ。暗い室内にすし詰めの人たち。そこへ颯爽と現れる彼ら。そして、演奏が始まる。鹿之助は悔しかった。何故なら、彼らのパフォーマンスに心を動かされたからだ。感動してしまったからだ。それは、彼らに負けたということになると思ったからだ。居酒屋ではまったく普通の客だった彼らが、とてつもなく輝いてみえた。
帰り道、きらりは第二文芸部が今年で廃部になると告げた。だから、文化祭で何か締めくくりとして大事なことをやりたいと考えていたという。彼女ははじけるような笑顔で言った。
「前島クン、バンドやろうよ!」

感想(ネタバレなし)
とてつもない青春活劇。高校生の男女がひと夏の思い出にと、バンドを組むお話。そこに各人物の悩みや葛藤も盛り込んだ形です。
続きがどんどん気になる書き方が瀬戸口さんはホント上手いですね。個性的で魅力的なキャラばかりですし、笑えるコメディアスシーンも色々あるし、本当に面白かった。
脇役の村上とケンタはホント良い奴らですね。
評価
★★★★★
鬱度
★★★☆☆

名作ということで長文になります。
まず各登場人物を大雑把にですが分析していきます。クリックしたら展開します。以下ネタバレですよ。

author:Aricia, category:-, 22:55
comments(0), trackbacks(0), - -
虹を見つけたら教えて。
エロを入れてしまうとエロゲ市場でしか販売できないから損じゃね?Ariciaです。

今回は「虹を見つけたら教えて。」です。終えたのはだいぶ前ですが、書きます。

ストーリー
主人公の颯斗(はやと)は医学部に通う男子大学生で、安アパートで一人暮らしをしていた。梅雨の時期とあって、毎日雨が降り続いている。そんなある日、雨が降りしきる中傘もささずに舞い踊っている少女と公園で出くわす。彼女は本当に楽しそうな表情で、濡れることをまったく意に介していなかった。不思議な子もいるものだな、とその場を通り過ぎると彼女は颯斗の後を付いて来た。
話しかけるが、単語を途切れ途切れに発するのみ。医学を志していた彼はすぐに思い当たった。彼女は精神発達に多少の変調をきたしているのだ。彼女は名前をスイと名乗った。何を言っても彼女はついてくる。颯斗の言葉を理解していないようだった。やがて、スイは颯斗のアパートまで来てしまう。
そして、彼の生活は変わっていく。

感想
ヒロインが意識障害というゲーム。鬱ゲーという触れ込みでこのゲームにたどりついたと思いますが、いかんせんキャラに魅力がありません。スイと晴香は良いんですが、悠紀と音海は全然です。
そもそもこのスイというヒロイン、実は物語の主軸にいないのです。前半は中心にいるのですが、物語の中盤でどっかに行ったまま行方不明になってしまいます。そして、個別ルートに分岐していきます。せっかく濃い設定つけたのに、そりゃないよ。
中盤でのスイの失踪、アパートの隣人の新海家の出来事への流れはジェットコースターのような鬱展開。毎日毎日雨が降る日々で、ただでさえ気が滅入るのに。ここが一番の盛り上がりポイント。
悠紀はホントに高校生ですか?百歩譲っても中学生です。感情を丸出しにして泣き叫ぶことができない大人たちの代わりに、とでも言うかのように彼女は感情を出します。ある意味スパイスのような存在かもしれません。ですが、僕はロリコンじゃ(以下略)。
音海は、サバサバしすぎてるし男キャラでも違和感ないですよ。一人称を俺にしたら、そのまま男キャラの出来上がり。全然魅力を感じなかったなあ。
シナリオが平凡以下である以上、キャラの魅力がこのゲームの価値に直結してくる。そういう意味でいまいちなゲームでしたね。シナリオが良ければ、良いんですけど。
攻略ページが全然ないくらいマイナーなゲームなんですが、マイナーなだけあってそれなりでした。晴香ルートやったら満足しちゃいましたので、ほかはやってません。晴香も、エロゲってことを念頭に置いた女の子でした。そういうのが欲しい訳じゃないんです。
医学的なゲームやりたいなら、おすすめ。
鬱度
★★★☆☆
評価
★☆☆☆☆

 
author:Aricia, category:-, 13:07
comments(0), trackbacks(0), - -