RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
Element4l
A person who never made a mistake never tried anything new.
――失敗をしていない人は、新しいことに挑戦していない人である。
――アルバート・アインシュタイン

こんにちは、Ariciaです。
今回はElement4l(エレメンタル)です。

1、概要
制作会社
I-Illusions(インディーズ)
制作年
2013
ジャンル
パズル
プレイ時間
初回1周5時間

2、批評
・敵のいないマリオブラザーズ
タイミングよく、空気と火と岩と氷のエレメントに変身してゴールを目指すゲームです。敵のいないマリオっていう表現がぴったりでしょう。様々な障害物を乗り越えていくゲーム。セーブポイントが細かいので、失敗してもリトライがしやすく、ストレスレスなつくりになってます。

・難易度高め
難易度高めて、凝縮したゲームですね。最初のステージから割と難しく、何度も失敗するでしょう。1周5時間なのもそのためです。最初は慣らし運転として簡単にして薄く伸ばすこともできたと思います。僕としては、もうちょっと伸ばした方が良かったと思います。テストプレイを重ねたのでしょう、全体的にギリギリ突破できるようになっている場面が多いです。酒でも飲みながらまったりやるつもりだったのですが、難しくて、しっかり取り組まないとダメでした。タイミングも結構シビアなので。

定価10ドルであることを考えると、十分な出来でした。久しぶりに人が死なないゲームをやって、心が洗われるような感覚になりましたよ。幻想的というかなんというか、雰囲気とBGMが良くて、良い世界観でしたね。

評価
★★★★☆
author:ridle, category:-, 13:42
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:42
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。