RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
バイオハザード5
PS2のゲームがやりたくなってきました。
こんばんは、Ariciaです。
今回はバイオハザード5です。

早速批評。
・もっさり&のんびりゲー
欠点は、「銃を構えると動けない」というところです。ボタンや操作が限られている家庭用なら仕方ないような気がしますが、PC版もですよ。そして、銃を構えると動けない前提で敵の動きもプログラミングされています。つまり、敵がプレイヤーのすぐそばにいても攻撃ペースはゆっくりです。なぜなら、プレイヤーはエイム中動けないからです。敵の攻撃ペースが早いとエイムするのが難しくなる。敵は比較的のっそり移動して、攻撃ペースも遅い。なので奇妙な感覚を覚えます。パッケージではホラーをうたっていますが、ホラーは全くないですね。アクションゲームとしてはのんびりしている印象です。

・高難易度に耐えられないパートナー
このゲームではいつも必ずNPCがついて二人ひと組で行動することになります。ノーマルモードならパートナーとして良い働きをしてくれるのですが、ハードになるともう足手まといです。最高難度のプロモードはやってません。ハードでは、ほとんどパートナーの死でゲームオーバーになってしまいました。僕のやり方が悪いのか?ゲームには難所がいくつかありますが、本当につらかったですね。ストレスになりましたね。カメレオンみたいなクリーチャーが大量に出てくる場面があるのですが、なぜかここだけNPCが敵の群れに特攻するバグがあります。このクリーチャーは固くてダメージもでかいので、困ったもんですよ。何やってんだか。全般的にNPCのプログラムは良く作ってあって、努力がすごく伝わってくるのですが、ハードに耐えられなかったのは残念ですね。まあ機械のAIなんてそんなもん。あの、超作り込んであるスカイリムもAIは超アホでしたからね。バイオ5はオン前提のつくりです。ゲーム自体は面白いと思うので、独りでやれるモードを実装すれば名作だったかもしれないのになー。4は名作でしたよ。バイオって、コープしてわいわいするシューティングゲームになっちゃいましたけど、カプコンはそれで良かったんですか?新しい取り組みなのかもしれないですけどね、昔からのファンは悲しいんじゃないでしょうか。
KFみたいに背中を任せる必要もほぼないし、なぜ強制コープにしたのか、その意図が見えてこないですね。

・もはやゾンビじゃない
敵は寄生虫に感染した人たちです。4から路線転換しましたよね。ホラー要素は皆無です。

・難しいクイックタイムイベント(QTE)
ムービーやゲーム中では、コマンドの瞬間的な入力を求められます。これに成功すると、敵の攻撃を回避することができる(ムービーや一部のイベントでこれを失敗するとゲームオーバー。やり直しです)。これが難しいですね。キーボードのAとD同時押しは良いと思いますよ。だけどRとV同時押しって無茶でしょ。押しにくいんだよ。いやがらせにしか思えん。家庭用のコントローラーだったらちょうどいいアクセントなんでしょうけどね。キーボードは無理だな。続編ではさらにQTEの量が増えているということで、カプコンは絶賛迷走中です。絶対ストレスだよ。開発には、ノーを言えるひとがいなかったんでしょうか?続編のPC版は買えないな。

研究して頑張って作ってくれたのは間違いないですが、方向を間違っているような気がします。シングルは一人でやって、コープも可っていうスタンスが良かったと思いますよ。難易度高いゲームですし。
狩猟用ライフルはやっぱり良い武器ですね。

評価
★★☆☆☆
author:ridle, category:-, 22:56
comments(1), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:56
-, -, - -
Comment
ゲーム用AIの開発ってかなり難しそうだけど、学問的に修めてる人って何人くらいいるんだろ。
どのゲームでもプログラマが片手間に実装してる感じで、CPU側にズルさせてバランス取ってるのが丸判りだし。
AIがゲーム進化の最終課題になるのかな。
init, 2014/03/17 12:33 AM









Trackback
url: http://clanzr.jugem.jp/trackback/514