RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
F.E.A.R
お久しぶりです。Ariciaです。

今回は有名なF.E.A.Rです。

ストーリー
アーマカム・テクノロジー・コーポレーションは、アメリカ軍と協力して極秘裏にクローン兵の開発を行っていた。パクストン・フェッテルという男のテレパシー能力によってクローン兵を統率して兵団を築き上げるという、その計画は順調に進んでいた。だが、フェッテルは突如武装蜂起する。その完全な統制によってアーマカムの人間を殺戮してしまい、研究所から姿を消した。事態を重く見たアメリカ軍は、特殊部隊FEAR(First Encounter Assault Recon)の投入を決定した。指揮官たるフェッテルさえ無力化すればクローン兵は完全に停止する。部隊はフェッテルの暗殺の命を受け、フェッテルの脳に埋め込まれたチップの信号があった港に急行する・・・。

感想
・同じような敵と同じようなステージで
最初から最後まで敵は同じです。クローン兵もしくはアーマカムの警備員です。それはまあ許せるけども、盛り上がりが全くありません。ずっと同じテンポです。ある程度進んで、フラグを踏んで敵が何人か出てきて・・・の繰り返し。いわゆる難所と言えるものがありません。難易度が高くないのも、拍車をかけています。自分が使う銃器も最初から最後までほとんど一緒ですね。弾がよく手に入る武器しか使わない(使えない)ですからね。一応ボスっぽい機械歩兵はたまーに出てくるんですが、別に大したもんじゃありません。サビのないJPOPみたいなもんです。
ステージはひたすら屋内です。オフィス、研究所、地下鉄と微妙な変化しかありません。ザ・無機質って感じですね。僕はdoom3が大好きで、無機質でも構わない性質なんですが、このゲームはひたすらクローンと屋内で戦うだけですからね・・・。屋外もセッティングすれば良かったのに。
結局のところ、コンデムドと同じことをやらかしています。

・いらないスローモー
自然回復するゲージを消費して、プレイヤーはスローモーの能力を使えます(自分もスローになります)。ゲームが進むごとに時間は延長されますが、最初は1回7秒くらいですかね。ですが、難易度が低いので使う必要がありません。唯一、警備用タレットには使った方がいいかもってくらいです。回復アイテムが大量にありますので、能力いらないです。使ったらヌルゲーになって、かえって萎えます。ノーマルとハードをクリアしましたが、ほとんど僕は使ったことがありません。最高難度はやっていません。
この作品には2つ拡張版がありますが、その2つは戦闘の盛り上がりに気を配ったゲームになってます。難しくなっています。

・ストーリーよく分からん
さっぱりでした。

・ホラー表現は良い
良いと思います。FPSとしては十分です。お化け屋敷パターンがほとんどないってところにこだわりを感じます。

ホラーゲームを求める人にはおすすめですが、FPSを求める人にはおすすめしません。スルーしましょう。2を買う気にはなりそうにありません。
評価
★★☆☆☆
author:Aricia, category:-, 16:15
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:15
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。