RSS | ATOM | SEARCH
ef - the fairy tale of the two

パソコンポチった。geforce960です。

 

こんにちは、Ariciaです。

今回はminori制作の「ef」です。前後編の壮大な物語でした。ネタバレなしで頑張る。

 

ストーリー

今日はクリスマス。火村夕は、「彼女」が音羽の教会にいるという話を聞いて音羽に帰ってきた。彼は軋んだ音を立てつつ、教会の扉を開ける。すると、話の通り彼女はいた。夜の静寂の中、一人で雨宮優子は佇んでいた。信じられない光景だった。夕にとっては到底受け入れがたいものだったが、心の中で何度も願った現実でもあった。

夕は彼女に話しかける。1年ぶりの再会だ。積もる話はたくさんある。優子は、別れてからのこの街での出来事を語り始めた・・・。最初の話は紘とみやこという男女の話だった。

 

感想

雰囲気の良いゲーム。

優子が出会った2組の恋愛を話し、夕が出会った2組を話し、そして夕と優子の話の計5組の音羽での恋愛を描いています。オムニバス形式といえますね。正直、前半「first tale」での優子の2組はオマケです。必要なかったよ。本編「latter tale」や物語の核心には全く絡みません。いわゆる空気です。メッセージ性も後半に比べたらイマイチですし、平凡な学園系という感じですね。みやこはなんで紘を好きになったの?

ですが、後編は前編がかすむほど良く出来ています。こことここがクロスしていたり、この人とこの人は実はここで出会っていた、というようなこの物語の全部が明らかになっていきます。後半はもう気持ちのこもった美しい作品になっています。記憶が13時間しか保てない少女、病で最期が近づいているヴァイオリニスト、音羽の震災で家族を失った子供などさびしい、切ない物語です。鬱ゲーというのも間違っていません。メッセージ性も強い。千尋と蓮治、ミズキと久瀬、夕と優子この3組のストーリーは互いに絡み合っています。それによって物語に深さを与えています。

どのケースでも、どちらか片方は独りでは解決や対応が難しい状況にあります。千尋と久瀬と優子です。特に優子なんて悲惨の詰め合わせそのもの。でももう片方が奔走していくという構図が基本となっています。テーマは幸せ、愛、未来というところ。

現実では皆ニコニコハッピーなんてなかなかいきません。この物語も徹頭徹尾現実的な展開が続きます。fairy taleと銘打ってはいますが、現実的であろうとしています。そんな中、ひとつだけ奇跡が起きるのです。CGも膨大な枚数ですし、メーカーは気合入れすぎな感がありますね。まあ、良作だからいいんですが。エロゲというだけで穿った目で見られるのはもったいない作品ですね。エロなしで一般向けにすればよかったのに。

最終話の夕と優子編は一番クオリティ高かったですね。どんどん進めちゃいました。まさかミズキが物語の根幹の重要キャラだなんて、前編やってる時気づいた人なんて一人もいないですよね?単に4話でのヒロインなだけかと思っていたのに。

 

 

どんなに大事にしていても、人も物もいつか必ずなくなります。この世になくならないものはありません。幸せなんて、作り物で絵空事で偽者です。だから、大切にしましょう。――羽山ミズキ

 

 

この世界は想像以上に最悪で、思ったよりは最高だ。――久瀬修一

 

評価

★★★★☆

鬱度

★★★☆☆

鬱というか悲しい、寂しいって感じです。

 

以下ネタバレ反転。

上で引用したミズキのセリフは一般的には厭世的な捉え方ですが、終わりがあるからこそ大事にしなきゃということなんですね。僕がはっとしたセリフです。

優子のラストでの「私は幸せでした」がこの物語の存在意義だったと思います。不幸を背負い込んだような優子でしたが、その彼女が救われたのなら、もうこちらから言うことはありません。過去形のセリフはあまりにも可哀想ですが、仕方ない。優子が天から降りてくるという音羽の奇跡に乾杯。優子の心はミズキに受け継がれていきました。

音羽はどっかの別の地方で良かったんじゃなかったんですか?そこまでして夏のクリスマス書きたかったのかな?

ミズキと久瀬って条例とか大丈夫かしら?

ミズキと優子が幸せそうなので僕は満足です。

author:Aricia, category:-, 19:54
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:54
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://clanzr.jugem.jp/trackback/534