RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
虹を見つけたら教えて。
エロを入れてしまうとエロゲ市場でしか販売できないから損じゃね?Ariciaです。

今回は「虹を見つけたら教えて。」です。終えたのはだいぶ前ですが、書きます。

ストーリー
主人公の颯斗(はやと)は医学部に通う男子大学生で、安アパートで一人暮らしをしていた。梅雨の時期とあって、毎日雨が降り続いている。そんなある日、雨が降りしきる中傘もささずに舞い踊っている少女と公園で出くわす。彼女は本当に楽しそうな表情で、濡れることをまったく意に介していなかった。不思議な子もいるものだな、とその場を通り過ぎると彼女は颯斗の後を付いて来た。
話しかけるが、単語を途切れ途切れに発するのみ。医学を志していた彼はすぐに思い当たった。彼女は精神発達に多少の変調をきたしているのだ。彼女は名前をスイと名乗った。何を言っても彼女はついてくる。颯斗の言葉を理解していないようだった。やがて、スイは颯斗のアパートまで来てしまう。
そして、彼の生活は変わっていく。

感想
ヒロインが意識障害というゲーム。鬱ゲーという触れ込みでこのゲームにたどりついたと思いますが、いかんせんキャラに魅力がありません。スイと晴香は良いんですが、悠紀と音海は全然です。
そもそもこのスイというヒロイン、実は物語の主軸にいないのです。前半は中心にいるのですが、物語の中盤でどっかに行ったまま行方不明になってしまいます。そして、個別ルートに分岐していきます。せっかく濃い設定つけたのに、そりゃないよ。
中盤でのスイの失踪、アパートの隣人の新海家の出来事への流れはジェットコースターのような鬱展開。毎日毎日雨が降る日々で、ただでさえ気が滅入るのに。ここが一番の盛り上がりポイント。
悠紀はホントに高校生ですか?百歩譲っても中学生です。感情を丸出しにして泣き叫ぶことができない大人たちの代わりに、とでも言うかのように彼女は感情を出します。ある意味スパイスのような存在かもしれません。ですが、僕はロリコンじゃ(以下略)。
音海は、サバサバしすぎてるし男キャラでも違和感ないですよ。一人称を俺にしたら、そのまま男キャラの出来上がり。全然魅力を感じなかったなあ。
シナリオが平凡以下である以上、キャラの魅力がこのゲームの価値に直結してくる。そういう意味でいまいちなゲームでしたね。シナリオが良ければ、良いんですけど。
攻略ページが全然ないくらいマイナーなゲームなんですが、マイナーなだけあってそれなりでした。晴香ルートやったら満足しちゃいましたので、ほかはやってません。晴香も、エロゲってことを念頭に置いた女の子でした。そういうのが欲しい訳じゃないんです。
医学的なゲームやりたいなら、おすすめ。
鬱度
★★★☆☆
評価
★☆☆☆☆

 
author:Aricia, category:-, 13:07
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:07
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://clanzr.jugem.jp/trackback/537